フリードリヒ・ヘンデルとはどんな人物?その生涯や豆知識・エピソードを簡単に解説

    「音楽の父」バッハの次は、「音楽の母」フリードリヒ・ヘンデルの生涯について紹介します。
    バッハと同年に生まれたヘンデルは、ドイツだけでなく、イタリアやイギリスでも成功を収め、
    絶大な人気を獲得しました。

    今でこそ「バッハの次」的存在ですが、
    彼らが生きた時代においては「圧倒的に」ヘンデルの方が有名だったことは、あまり知られていないのではないでしょうか。

    そこで今回は、フリードリヒ・ヘンデルの生涯について解説します。
    もちろん、今まで通りざっくり解説です!
    エピソードも紹介していますので、ぜひ最後まで読んで「豆知識」としてご活用ください。

    出典:Amazon「The Best of Handel,vol.」

    ヘンデルの生涯

    ヘンデルの性格を一言で言えば、「前向き」と言えるでしょう。
    持ち前の前向きさをフルに活かし、ヘンデルはさまざまな国で成功を収めました。

    ヘンデルの生涯1、生い立ち

    ヘンデルは1685年、ブランデンブルク=プロイセン領のハレに生まれました。
    バッハの家系とは異なり、ヘンデルは音楽とは無縁の家系に生まれます。
    ヘンデルの父ゲオルグは宮廷お抱えの外科医で、祖父は金属細工師だったそうです。

    「外科医」というと家柄の良さを感じますよね?
    しかし、この時代の外科医は「床屋外科医」とも呼ばれ、
    散髪や外科的手術を一手に行う「技術者」的な立場でした。

    幼少の頃から音楽の才能を発揮したヘンデルですが、
    父ゲオルグは音楽の道に進むことに猛反発。

    幼いヘンデルは父の目を盗んで鍵盤楽器(クラヴィコード)を入手し、
    屋根裏部屋で練習を重ねたそうです。

    そんなヘンデルの才能にいち早く目を向けたのが、
    父ゲオルグが仕えていたヴァイセンフェルス公爵でした。

    公爵の援助のおかげで音楽を続けることができたヘンデルは、
    作曲、オルガン、チェンバロ、ヴィアオリンなどさまざまな分野で才能を発揮します。

    そして1702年、ハレ大学に進学したヘンデルは、この年からハレ大聖堂のオルガニストを開始し、本格的に音楽家としてのキャリアを開始しました。

    余談ですが、ハレ大学での専攻は「法学部」だったと推定されています。
    詳しいことはわかっていないそうです。

    また、学生時代に作曲家テレマンと知り合い、
    二人の交流は生涯続きました。

    ヘンデルの生涯2、イタリアへ渡る

    音楽家としての道を歩み始めたヘンデル。
    ハレ大学を中退した彼は、オーケストラに所属し、チェンバロ奏者・音楽監督として活躍し始めます。

    演奏家として活躍する一方で、
    作曲家としても活動を開始し、1705年、最初のオペラ『アルミーラ』を上演。
    すると20回以上も上演される人気作となり、ヘンデルは一躍、人気作曲家として注目を集めます。

    やがてその評判は海外にも広がり、
    イタリア・トスカーナ大公フェルディナントから熱心な誘いを受けたヘンデルは、
    1706年から1710年までの4年間をイタリアで過ごします。

    当時のローマでは、ローマ教皇庁によりオペラ上演が禁止されていました。
    そこでヘンデルは、オラトリオの形式で作品を発表し、最初のオラトリオ『時と悟りの勝利』で大きな成功を収めまます。

    その後、ヴェネツィアやナポリを回ったヘンデルは、
    ・オペラ『ロドリーゴ』
    ・オラトリオ『復活』
    ・オペラ『アグリッピーナ』
    などを発表。
    なかでも『アグリッピーナ』は大きな反響を得て、
    27回の上演がなされました。

    また、イタリアではコレッリスカルラッティなどと出会い、
    ヘンデルは優れた演奏家・作曲家として歓迎されたといいます。

    ヘンデルの生涯3、ロンドンでも人気者

    1710年、ドイツに帰国しハノーファーの宮廷楽長に就任したヘンデル。
    しかしすぐに1年間の休暇を得て今度はイギリス・ロンドンを訪れます。

    そしてイギリスの貴族から依頼され、オペラ『リナルド』を作曲。
    この作品が現地でも話題となり、ヘンデルはイギリスの定住を決意します。
    余談ですが、ヘンデルは『リナルド』をわずか2週間で書き上げたそうです。

    以降、作曲家・音楽監督として活躍したヘンデルは、1724年にイギリスに帰化し、
    名前もフリードリヒ・ヘンデルからフレデリック・ヘンデルへと改名しています。

    数々の作品で人気を獲得したヘンデルですが、やがてオペラの人気が衰え始めます。
    しかしこの状況を素早く察知したヘンデルは、1730年代からオラトリオの作品へ転向。

    1739年にはオラトリオ・シーズンを開催し、『サウル』『エジプトのイスラエル人』、『聖セシリアの日のための頌歌(しょうか)』といった作品を次々と発表します。

    また、1742年にはヘンデルの代表作『メサイア』を作曲。
    これによりヘンデルは揺るぎない地位を確立し、大作曲として人気を博しました。

    その後もイギリスで音楽家として活動したヘンデルですが、
    1759年4月14日、74歳でこの世を去りました。
    生前、「ひっそりと埋葬される」ことを望んだヘンデルでしたが、
    3000人もの民衆が、彼の死を悼(いた)んだと伝えられています。

    オラトリオとは?

    オラトリオとは、合唱、ソリスト、オーケストラなどが協力して演奏する音楽形式の一つです。
    おもに宗教的(キリスト教)なテーマを扱い、長大な楽曲で構成されます。オペラと異なり、オラトリオは舞台上で演じられることは少なく音楽に焦点が置かれるのが特徴です。

    ヘンデルにまつわる豆知識やエピソードについて

    ヘンデルの生涯には、どのようなエピソードが残されているのでしょうか。
    音楽家・舞台監督として活躍した彼は、慈善活動も行い、貧しい人々に手を差し伸べたことでも知られています。

    豆知識やエピソードその1、バッハとは一度も会っていない

    じつは、バッハとヘンデルはともに1685年生まれの同い年です。
    バッハはドイツの一地域で教会音楽家として忙しい毎日を送り、
    一方のヘンデルはヨーロッパにその名が伝わる大スターでした。

    もちろん当時のバッハはヘンデルを知っており、
    2度にわたり面会を求めたそうです。

    最初はお互いの事情により実現せず、2度目はヘンデルの事情により面会を断ったと言われています。
    断った詳しい事情はわかりませんが、もし二人が出会っていたらどのような会話をしたのでしょうね。

    その2、『メサイヤ』で町中が大騒ぎになる

    ヘンデルをもっとも代表する作品といえば、オラトリオ『メサイア』です。
    曲解説は次回にするとして・・・。
    「ハーレルヤ!🎵ハーレルヤ!」というメロディは、誰でも一度は聴いたことのあるメロディだと思います。

    この曲の初演は、ダブリンで行われました。
    初演のさいには、「ダブリンにヘンデルが来る!!!」と町中が大騒ぎになったそうです。

    もちろん、初演は大成功を収め、当時の地元新聞は「『メサイア』は音楽史上、最高の作品」とヘンデルを褒め称えました。

    その3、グルメで大食漢

    音楽家・舞台監督として莫大な富を築いたヘンデル。
    そんな彼は、大の美食家で大食漢でもあったそう。
    赤ワインをよく飲み🍷、ボルドーがお気に入りだったと伝えられています。

    また、美食家が高じて1日に6食も食べることもあったとか・・・。
    ロッシーニもびっくりです(いつか解説します)。

    食べすぎて大きくなった体を揶揄して、当時の新聞に「豚(ヘンデル)がオルガンを弾いている風刺画」が載ったこともありました。

    その4、晩年は視力を失う

    1750年、ドイツ訪問中のこと。
    乗っていた馬車が横転し、ヘンデルは傷を負ってしまいます。
    その後、何事もなくロンドンへ戻りますが、翌年1751年に左目の視力が衰え始め、その年の夏には完全に失明してしまったそうです。

    やがて右目の視力も低下し、1752年には両目とも完全に視力を失ってしまいます。
    1758年、名医と称されていた眼科医ジョン・テイラーによる手術を受けましたが、回復せず・・・。

    バッハも晩年視力を失いますが、バッハの手術を担当したのもジョン・テイラーでした。

    その5、慈善活動にも参加

    ヘンデルは、ビジネスマンとしても抜群の才能を発揮しました。
    この点もバッハと対照的ですが、亡くなったときの銀行残高は1万7500ポンドあったといわれており、その額は現在の日本円で2億〜3億円(6億とも)だったそうです。

    これだけの財産を残したヘンデルですが、
    彼は決して自分のためだけには使いませんでした。

    ロンドンに新設された孤児院を運営するために慈善演奏会を行い、収益を寄付するだけでなく、毎年遺書を書き換え、遺産の相続を計画していたそうです。

    遺産の半分は姪のヨハンナに配分されましたが、ドイツの親戚や友人・知人、女中にまで配られたと言われてます。

    ヘンデルの生涯のまとめ

    今回からヘンデルシリーズを解説します。
    バッハと比べると、聴く機会が少ない作曲家かもしれません。

    この記事シリーズをきっかけに、ぜひヘンデルの作品も聴いてもらえたら幸いです。
    次回はヘンデルの作品の特徴やおすすめ作品を紹介しますので、
    ぜひお楽しみに!

    👉【すぐわかる!】人気クラシック音楽ランキング!
    バッハについて知りたい方はこちらから。
    その他のバッハシリーズはこちらです⬇︎

    👉ヘンデルのCD一覧はこちら!!