ブルックナーの最高傑作『交響曲第9番』の魅力や作品の特徴を簡単に解説!聴き比べも紹介

ブルックナー

    この記事ではブルックナーの最高傑作の1つ『交響曲第9番』を解説します。

    少しとっつきにくいイメージのあるブルックナー。
    でもこの記事では、あくまでもザックリ解説していますので、
    お気軽にお読みいただき、豆知識としてご活用ください。

    なお本ブログでは、ブルックナーの生涯やおすすめ代表作についても紹介しています。

    「そもそもブルックナーってどんな人?」という方は、
    先にそちらからお読みいただくと、より理解が深まるかもしれません。

    こちらこちらです。

    ブルックナー
    ブルックナー

    出典:アマゾン:アントン・ブルックナー交響曲全集

    ブルックナーの最高傑作『交響曲第9番』とは

    オルガン

    その人生の大半をオルガニスト・音楽教師として過ごしたブルックナー。
    彼が作曲家として大きな評価を受けたのは、60歳近くになってからのことでした。

    そんなブルックナーの音楽家としての生涯を一言で表すと、
    まさに「勉強の虫」。

    多くの音楽家に師事しながらひたすら音楽の勉強に明け暮れ、
    人生をかけて大建築を彷彿とさせる交響曲を生み出しました。

    最後の交響曲

    『交響曲第7番』が成功したことで、ようやく作曲家としての地位を確立したブルックナー。

    しかし彼の作品は当時では「演奏不可能」と評されることもあり、
    現在のような確固たる人気は獲得できなかったようです。

    本作『交響曲第9番』はブルックナーが作曲した最後の交響曲で、
    1887年8月に作曲が開始されました。
    作曲はブルックナーがこの世を去る1896年まで続けられましたが、
    結局存命中は完成されることなく、最後の第4楽章は未完のまま残されています。

    「9年もかけて完成しなかったの?」
    と思われる方もいるかもしれませんが、
    その間『交響曲第8番』の大幅な改訂や、病状の悪化などにより、思うように作曲が進まず、最終的に未完の大曲という形となりました。

    そのため、現在でもコンサートで演奏される際には、
    第3楽章までで終了することがほとんどです。

    ただしブルックナー本人は、
    未完だった場合には最終楽章として『テ・デウム』を演奏するように指示していたと言われています。

    初演は20世紀初頭

    本作はブルックナーの死後からおよそ7年が経過した1903年2月、
    フェルディナント・レーヴェの指揮により初演が行われました。

    しかし、初演で使用された楽譜はレーヴェによる改訂版が用いられ、
    ブルックナーのオリジナル版が演奏されたのは、1930年代になってからのことでした。

    日本でも比較的早くから初演されており、
    日本初演は1936年に東京音楽学校(現東京藝大)の第78回定期演奏会で演奏されています。

    ブルックナー『交響曲第9番』の魅力や特徴は?

    宇宙

    『交響曲第9番』の魅力や特徴について簡単に紹介します。

    ちょっと難しい単語も出てきますが、
    ドヤ顔で覚えておけばバッチリです(冗談です)。

    『交響曲第9番』の魅力と特徴その1、複雑な対位法

    ブルックナーの交響曲第9番は、複雑な対位法の使用が特徴的です。

    対位法とは、複数の旋律が同時に演奏される音楽の技法で、
    ブルックナーはこれを巧みに用いています。
    これにより、深い音楽的対話が生まれ、聴衆を引き込む力強い効果を生み出しています。

    ブルックナーの作品はどれも長大なスケールで描かれるものばかりですが、
    そのなかでも、本作はもっとも精神性が高く、宇宙的壮大さを連想させる作品と言えるでしょう。

    魅力と特徴その2、豊かな管弦楽法

    交響曲第9番では、ブルックナー特有の厳かで壮大な管弦楽法が際立っているのも魅力の1つ。

    重厚で荘厳な管弦楽の響きが、聴衆に圧倒的な迫力と感動を与えます。
    特にブルックナーの交響曲は、管弦楽法の巧みな使用が見どころの1つとなっています。

    初めて聴く方にとっては実に退屈かもしれません。
    しかし、聴いているとジワジワとブルックナーの世界観が広がっていく感覚が味わえます。

    最初から作品と向き合うというよりは、
    読書をしたり、リラックスしたりしているときのBGMとして聴いてみると良いかもしれません。

    ある日ふと「すごい作品だ!」と思える時がきっときます。
    そんな気づきを与えてくれるのも本作の魅力です。

    魅力と特徴その3、深淵な感情表現

    交響曲第9番はブルックナーが没する前に未完成の状態で残されたため、その神秘性と未完の美学が注目されています。

    この未完の遺作としての特異性が、作品にさらなる深みと謎めいた魅力を与えているのでしょう。
    本作の第1楽章には「荘重(そうちょう)に、神秘的に」という指示が書かれており、
    主題が徐々に重なり合う構造は、ブルックナーの深い精神性の現れともいえるでしょう。

    基本的には3楽章までの演奏で幕を閉じますが、
    第4楽章として演奏されることがある「テ・デウム」の導入も、
    本作の深淵さを引き立たせる要因かもしれません。

    ブルックナー『交響曲第9番』の楽曲編成

    上述の通り、本作『交響曲第9番』は全4楽章の構成で作曲されています。
    しかし残念ながら、4楽章の完成を待たずにブルックナーがこの世を去ったため、
    コンサートでは3楽章までで終了するのが一般的です。

    とはいえ、全体的なスケールの大きさや、
    ブルックナーの精神性の深さは最高潮に達しており、
    ロマン派音楽の1つの頂点的作品と言えるでしょう。

    同じく最高傑作と称される『交響曲第8番』と聴き比べてみるのも面白いかもしれません。

    各楽章にはブルックナーによる指示が書かれています。
    それぞれを簡単に見てみましょう。

    楽曲構成

    第1楽章・・・荘重にして、神秘的に。主題と展開部が融合したソナタ形式。ブルックナー主題が用いられている。ニ短調、2分の2拍子

    第2楽章・・・軽く、軽快に。表情豊かなオーケストレーションに加え、ニ短調と嬰ハ短調の対比が魅力的。3拍子。

    第3楽章・・・遅く荘重に。4つの部分から構成されている。4分の4拍子。宗教的な荘厳さと神秘性への憧れが光のように降り注ぐ。ブルックナー本人が「生への告別」と称したコラールも聴きどころ。

    フィナーレ(第4楽章)・・・未完成。しかし「未完であれば代わりとして『テ・デウム』を」という遺言を遺しており、『テ・デウム』が演奏される場合もあり。

    ブルックナー『交響曲第9番』の聴き比べ

    最後に本作の聴き比べを紹介します。
    といっても、あまりたくさん紹介してもよくわからなくなってしまうので、
    今回は3名の指揮者による演奏を紹介します。

    もちろん、筆者の独断と偏見です。

    聴き比べその1、ギュンター・ヴァント指揮

    1人目はブルックナーの指揮では右に出るものはいないギュンター・ヴァントの演奏。
    重厚感・荘厳さ・深淵さの表現では、これ以上に優れた演奏はない(かもしれません)。

    最初に聴くなら、ヴァントの指揮が良いでしょう(録音も新しいので)。

    Amazon:ブルックナー:交響曲第9番(1988年ライヴ)&第8番(1987年ライヴ)(期間生産限定盤)

    その2、カラヤン指揮

    2人目はカラヤン指揮の演奏です。
    オーケストラの響かせ方や豪華さは、カラヤンならではだと思います。
    ギュンター・ヴァントとは違い、動きのある演奏が特徴ですね。

    Amazon:ブルックナー:交響曲第9番

    その3、オイゲン・ヨッフム指揮

    最後はブルックナーの演奏で定評のあるオイゲン・ヨッフム指揮です。
    精緻な指揮ぶりと、強弱がハッキリとした明快な演奏が印象的。
    ヨッフムはブルックナーの『交響曲第5番』においても優れた名盤を残しています。

    Amazon:ブルックナー:交響曲第9番(ノーヴァク編):ヨッフム指揮

    第4楽章に用いられる『テ・デウム』

    未完となった第4楽章の代わりとして演奏される『テ・デウム』も紹介します。
    ブルックナーはベートーヴェンを猛烈に意識していたため『第9』に倣って、本作を指定したのかもしれません。

    ベートーヴェンについてはこちらから↓

    ベートーヴェンの肖像

    ブルックナー『交響曲第9番』まとめ

    ようやくブルックナーシリーズ終了です。
    それにしても長かったな・・・。
    ブルックナーの作品は長大なものが多く、
    敬遠する人も多いかもしれません。

    しかし彼の作品は「聴けば聴くほど」その魅力に惹き込まれていきます。
    このシリーズをきっかけに、ぜひブルックナーの作品を聴いてみてください。